【必読!完全版】ツインレイ統合までの流れ

こんにちは、Nanaです。

今日は【ツインレイが出会い、統合に至るまでのおおまかな流れ】について記したいと思います。

ツインレイにまつわるサイトやブログで紹介されているのは主に【7つのステージ】が大半ですが、私が自分のツインレイ体験を通して感じた中で、7つのステージだけでは当てはめにくい部分があったり、もう少し情報が欲しいと感じていました。

そこで、こちらの記事では、現実世界での変化と精神面での動きの両方を併せてステージ別でまとめたいと思います。

目次がかなり多いですが、ぜひ目を通して頂ければ何かしら気づきが得られるかもしれません。必要なステージの情報をその都度、目次から飛んで頂いても構いません。

ツインレイ 7つのステージ

まずは一般的によく知られる7つのステージをご紹介します。数多くのツインレイに関するブログやサイトでは以下のような流れが一般的であると言われています。

第1段階:認識(出会い)
第2段階:テスト
第3段階:危機
第4段階:ランナーとチェイサー(分離)
第5段階:手放す(浄化)
第6段階:目覚め
第7段階:調和(再会)

【注】ツインによってそれぞれシナリオは異なるので、必ずしもこの通りを辿るとは限らないと併記されていることも多いですが、実際ツインレイであれば、7段階よりさらに細かく統合までのルートというものがプログラムされているので、7つのステージを経験しないのは考えにくいと個人的には考えています。

ちなみに上記の7つのステージは、出会い〜サイレント期間での学びにボリュームを持たせて記載れていることがほとんどで、実際はそれよりも時間を要する統合期〜統合、2人の現実創造までの学びや課題に触れられていません。

私の場合、こちらの7つのステージのうち、第1段階は【出会い】という分かりやすい事象なので、すんなり当てはめられましたが、2〜3段階は、ピンときませんでした。というのも、思い返せば、それに当たる事柄がありましたが、当時は”7つのステージ”どころか、”ツインレイ”なんて言葉すら知らなかったわけですから、当然と言えば当然です。

私がツインレイという概念に出会ったのは分離期間に入ってすぐのことでしたから、気づいた時にはすでに【第4段階】でした。

ツインレイという概念に出会うのはサイレント期間が多い

ツインレイ概念に出会うのは、女性レイの場合、圧倒的にサイレント期間中という話を耳にしますので、今ご覧の皆さんの中にも私と同じ方がいらっしゃるのではと思います。

多くの方は、第4〜7段階までの流れの情報を特に必要とされていると感じます。終わりの見えない【サイレント期間】にもがく中、1つでも多くのツインレイ情報を収集しては、自分に当てはめて考える、、そんな日々をお過ごしなのではないでしょうか。私がそうでしたから、本当によく分かります。

ツインレイ統合までの現実の動き

以下がツインレイ統合までの流れです。7つのステージより男女別の現実世界での動きや心の動きが詳細に記していますので、自分とツインの相手の現状を俯瞰してみるのに参考にしてみてください。

【出会い】

二人の楽園

男性レイ 精神の崩壊

【魂の分離期間 前半(ランナーとチェイサー)】

女性レイ 精神と現実の崩壊

男性レイ 現実世界で成功をおさめようと躍起になる

【魂の分離期間 後半(サイレント期間)】

女性レイ 自らを癒す時間(浄化)

女性レイ 無条件の愛の目覚め
   
女性レイ 精神の再構築・霊性開花
   
女性レイ 覚醒・自己統合

女性レイ 無条件の愛の確立・手放し(精神的自立が完成)


【魂の統合期】(順序は人により多少前後します)

女性レイ 現実の自立・使命に向かう準備へ入る

男性レイ 大きな試練・己との闘いでインナーチャイルドの払拭

男性レイ 自己覚知・愛の目覚め・歩み寄り
   
男性レイ 現実の崩壊 
   
男性レイ 精神の再構築(女性レイの大きな愛で癒される)

男性レイ 自己統合・本質の愛への目覚め

女性レイ 使命に邁進・自分の世界を構築

【魂(5次元意識)の統合 最終段階】
   

2人の意識の統合・どんな状況でも2人は1つと揺るぎない気持ちをお互いに持つ

【現実世界(3次元意識)での統合段階へ移行】
   

男性レイ 現実の再構築の開始

男性レイ 愛のために、現実世界での破壊と再生を繰り返す(精神的に辛さを

伴うが一人で立ち向かう)

女性レイ 使命へと邁進、男性レイへの感謝の気持ち・尊敬の念・慈しみの心を持って、自分の世界を楽しみながら、男性レイをただ愛している、愛を周りに広げていく

※現実での各自の課題に向き合う期間のため、一時的にお互いが一緒にいられない・連絡が取りづらい、そのような状況になることもあるが、魂の繋がりを確信しているので、お互いが離れていても常に共にある意識で生活を送る

【完全融合へ】

各自がそれぞれの確立すべき現実創造をした結果、2人の現実が再び重なり合う

2人の現実の具現化

互いが磨き合った能力をもって、2人にしかできない大きな使命へと踏み出していく

ツインレイとしての学びから卒業

異なる世界を行き来しながら、理想の世界を2人で創造していく

※※現在も腑に落ちた部分を随時アップデートしています※※

項目ごとに更に詳しく書きたいと思います。皆さんも今自分がどの段階にいるのか、きっとお分かりになるのではないかと思います。以下は私が実際に経験したものを元に書き記しています。全てが皆さんに当てはまる訳ではないでしょうが、ご参考になれば幸いです。

出会い・二人の楽園

この世で学びを進め、精神性がある程度上がった段階でツインレイと出会うとされています。そのため、ツインレイに出会うのは、30代〜40代以降のことが多いです。

出会いの段階では男性レイの方が霊性が高いことの方が多く、そのため男性レイは確実に自身のツインレイに気づくことができると言われています。男性レイは”ツインレイ”という言葉を知らなくても、直感的に女性レイが他の女性と違うということが分かります。男性レイは、理由はわからないけど、とにかく気になるその女性を心の中で激しく求めはじめます。この頃の男性レイは、とても積極的に女性レイにアプローチします。

男性レイの精神の崩壊

出会いを果たしたツインレイの男女の距離は、引きつけ合うように自然でありながらも急速に縮まります。男性レイからのアプローチに、戸惑い不思議に思いながらも女性レイは受け入れてしまいます。お互いの気持ちが通じて、一時的にとても幸せな期間を過ごします。

しかし、女性レイが男性レイのアプローチを受け入れながら、気持ちが男性の方に傾くのに反比例するかのように、男性レイの中で「恐れ」の感情が芽生えはじめます。この頃から、女性から距離を取ったり、素っ気ない態度を示すようになります。その理由が分からず女性側は更に求めてしまうため、状況は悪化します。

男性の「恐れ」がピークに達した時、男性レイは、女性レイを完全に【拒絶】し、離れることを選びます。ここから分離期間に入ります。

分離期間 前半(ランナーとチェイサー)

女性レイ精神と現実の崩壊

ほんの少し前までは自分に熱烈なアプローチをして、愛してくれていると思っていた男性レイの態度の変化に、女性レイは戸惑います。男性のそんな状態に女性レイは皆さん「なんで?どうして?」の状態でしょう。

程なくして、男性からの【拒絶】により、一瞬にしてどん底に突き落とされます。同時に女性レイをこれまで守ってきた生活の基盤や人を全て失い、長年築いてきた女性レイ側の現実の基盤はゼロに戻されます。(既婚者の方は離婚やパートナーとの別れ、仕事を失う、大切な人との別れ、引越しなど)

分離期間の前半であるこの頃、女性レイは、相手への執着や普通ならこうあるべき、と言ったこれまでの経験からの固定観念に縛られ、苦しみます。そしてその答えを相手である男性レイに求めるあまり、追いかけるチェイサーとなり、男性レイは逃げる(その役割を演じてるとも言える)ランナーとなります。

女性レイは目に見える現実を動かそうと、男性レイに働きかけますが、女性レイが求めるような答えや態度が返って来ることは一切なく、動けば動くほど傷つく結果となります。この時に大切なのは、現実面に働きかけるのではなく、精神面から働きかけることです。つまり、男性レイを追うのではなく、その状態の自分自身の心と向き合うことです。これが出来ないと、ずっとランナー、チェイサーの状態となってしまい、分離期間が長引いてしまいます。

男性レイ 躍起になって仕事に取り組む

一方で、男性レイは女性レイを失った喪失感から、現実世界で成功をおさめようと躍起になって仕事などに取り組みます。その様子はもちろん女性レイの耳にも届くことになり、自分がいなくなっても元気そうにしている様子に女性レイは悲しくなります。

しかし実際は全く逆で、女性レイを失ってしまったからこそ、現実世界で成功するしか、男性レイに自分の価値を感じられる瞬間がなくなってしまったからこその、その姿です。

男性レイは一時的に成功したように思えても結局心は満たされることはなく、それどころか更に女性レイを失った喪失感に苛まれることとなります。この頃、女性レイの元に戻りたい衝動に駆られるものの、どうしても恐れの感情から、女性レイへの思いを認めることが出来ず、その狭間で苦しみます。

何をしていても心は常に女性レイに支配されているのは、心の奥底では女性レイの愛を何よりも欲しているから、心の中では追いかけているからです。片時も心から離れてくれない、”魂レベルの心の痛み・苦しみ”を与えて来る女性レイを恨みたくなる気持ちも持ち合わせているため、より激しく男性レイは女性レイを拒絶し、非難することもあるでしょう。

この時、男性レイが感じている「怒り」にも似た感情は女性レイに向けられているように見えるでしょうが、本当は「男性レイ自分自身」に向けられた感情です。

分かって頂きたいのは、女性レイを拒絶しているように見える男性レイは、女性レイを嫌っているのではなく、少しでも関わりを持ってしまうと、普通の恋愛では感じない程のその惹きつけ力で自己を保てないことを無意識に感じているので、「バランスを取るために離れている」ということです。

分離期間 後半(サイレント期間)

女性レイが現実世界で、男性レイを追うのをやめた時、初めてチェイサーという役割から開放されます。と同時に、男性レイもランナーのように逃げ惑う必要はなくなり、静寂な期間が訪れます。端から見ると、完全に二人の関係に終止符が打たれたかのように見える期間、これがその名の通り、サイレント期間です。

ツインレイ関係の情報では、二人が離れてしまう期間を「サイレント期間」と呼び、「ランナー、チェイサー」という言葉と一緒に語られることが多いですが、分離期間にも段階があるので、より分かりやすくするため、nanaの解釈で、分離期間を前半(ランナー・チェイサー)と後半(サイレント)に分けています。

※サイレント期間は全て女性レイにかかっている!!

【現実の動き】の項目に男性レイ・女性レイを色別に表記していますが、サイレント期間をご覧いただくと、全て女性レイであることに気づきましたか。現実で二人がやり取りをできない期間、二人の統合プロセスの全ては”女性レイにかかっている”のです。女性レイが最初に自己統合と済ませないと、男性レイは動けないようになっています。ですから、この期間、女性レイは降りかかる課題を通して自分自身とひたすら向き合うことに専念する必要があります。

女性レイ 自らを癒す時間(浄化)

女性レイは散々拒絶をされた後、もう現実世界で自分にできることはないと悟り、男性レイを追いかけるのをやめます。ここから女性レイは【自らを癒す時間】へと入っていきます。

この頃、精神世界で自らを癒しながら、男性レイへの思いと向き合う中で、サインとも呼べる彼を連想させるシンクロニシティが多数起こります。そのシンクロは、女性レイが彼への思いや、自分たちの関係性に自信が持てなくなったタイミングで起こることが多く、彼を忘れようとしても忘れられない…そんな状態が続きます。

それは、たまたま目に入った広告のタイトルだったり、耳に入った歌詞に思いが乗せられていたり。サインだけではなく、男性レイと女性レイの現実での行動もシンクロすることが多く、同時に同じ音楽を聴いたり、同じタイミングでダイエットを始めたり、周りの人が同じタイミングで病気になったり、兎に角あからさまに繋がっているとしか思えないような事象が相継ぎます。

【ツインレイ】という概念に出会うのも、この頃が多いとされています。現実的な連絡手段は全て断たれていようが、なぜか男性レイからの必要なメッセージや近況は耳に入るようなことも多く、いつも繋がりを感じずにはいられない、そのような思いになります。

この頃の女性レイの理想的な過ごし方として、「自分が喜ぶこと・その時やりたいことを心の赴くままに取り組んでみる」ことです。これまで自己犠牲的に生きてきた女性レイは自分の本当にやりたいことを知らず知らずのうちに後回しにしてしまっていることが多いです。

女性レイ 無条件の愛の目覚め・精神の再構築

女性レイは、ツインレイという神聖な関係性について学びを進めながら、現実がどうであれ、自分たちは何があっても繋がっていることを心で感じます。しかしこの頃の女性レイは、まだ目覚めの段階であるため、その愛に対する思いはとても揺らぎやすい性質を持っています。

「やっぱり彼しかいない!愛してる」そう思った矢先、「どうして!?もう信じられない、嫌い!」となってしまうような出来事にでくわします。ここで覚えておいて頂きたいのは、起きている出来事は全て必然であるということ。その起こった出来事によって、自分が抱えた感情と向き合う必要があります。そこには必ず女性レイに必要な学びがあります。これを繰り返していくことにより、目覚めは確実に進みます。

女性レイ 無条件の愛の確立 / 現実の自立、使命に向かう

日々自分と向き合う中で、精神を再構築しながら、女性レイは愛することとは何なのかに気づきます。愛とは相手に求めるものでもなく、そこに存在することであると。

これまでの価値観を捨て、男性レイの全てを受け入れる覚悟が出来ます。それは彼が現状あなたから距離を取っていたり、拒絶しているように見える、その彼も含めて丸ごと受け入れることです。この頃には「私のことが好きならどうして○○してくれないの?」といった自分や世間一般的な価値観で相手に求める姿勢はなくなります。

同時に女性レイは自分の周りにある愛に感謝をしながら、それを周りの人へ広げていくようになります。女性レイの愛の力は男性レイに対してだけでなく、女性レイを取り巻く全ての環境、人々に与えられ、現実的に彼が隣にいなくても一人で輝いていくようになります。

統合期間

男性レイ 大きな試練

女性レイが自分らしさを取り戻し、輝きだすと、男性レイはそれを感じ取ります。そのタイミングで、図ったかのように男性レイにとって、とてもショッキングな出来事が起こります。人によって内容は異なりますが、仕事での大きな出来事や、大切な身近な人が亡くなったり、男性レイが嫌でも自分自身と向き合うきっかけとなる出来事が起こります。

男性レイ 愛の目覚め、歩み寄り

精神的に窮地に追い込まれた男性レイは、愛から逃げること、それがどんな愚かな選択だったのかを思い知ります。ここから現実でも女性レイへの愛を認められるようになります。自分がこの世の何よりも求めていた、でも怖くて認められなかった、女性レイとの愛へと向かっていく覚悟が持てるのです。

この頃には、男性レイは女性レイへの大きな愛を顕在意識で感じ、自分の中で認められる段階に入ります。しかし男性レイの愛への恐怖心は非常に根深いため、まだ完全には自分の気持ちに素直になれず、自分との向き合いから逃げたい気持ちを抱えています。

そのため、女性レイへの様子を伺うように恐る恐る歩み寄りを開始します。その方法は男性レイにより異なり、偶然を装って女性レイの前に姿を表したり、間接的にSNSで女性レイをおびき寄せるような内容を投稿したり、非通知で電話をかけてきたり、直接連絡が来る場合もあるでしょう。

共通して言えることは、まだ恐れを完全に払拭できていないため、「逃げ道」を用意しようする傾向があります。

女性レイはこの頃には霊性が格段に上がっているため、その間接的で曖昧なサインをしっかりキャッチすることができるようになっています。ここで、疑いの気持ちが出てしまったり、分離期間の頃のようなエゴが出てくると男性レイは遠ざかり、再び必要な学びを繰り返すようになっています。

男性レイ 現実の崩壊

ここから急速に男性レイの現実が動き出します。これまで男性レイがしがみ付いて来た、3次元的な物質や人間関係の大精算とも呼べる流れに入ります。仕事を失ったり、人との縁が切れたり、引越しを余儀なくされるなど、これまでの基盤がゼロに戻されるような出来事が続きます。

すでに女性レイが経験している「現実の崩壊」が男性レイにも起こるのです。その崩壊ぶりは見ていて痛々しくなる程ですが、男性レイが乗り越えなければならない試練でもあるので、女性レイは愛を持ってそっと寄り添うしかありません。

男性レイ 精神の再構築

これまでの人生で築いてきた3次元的な基盤を全て失った男性レイは、どん底を経験しますが、すでに自己統合を終えて自立している女性レイの大きな愛に癒されながら、精神を再構築していきます。

ここで女性レイは完全なる愛の存在となり、彼がどんな状況に置かれようが、どんな態度を取ろうが、何を言おうが、自分たちの愛を信じて包み込む立場となります。

女性レイに迷いや疑いが生じると、そのわずかな変化も男性レイは感じ取り、二人の関係が不安定となります。ここで大切なのは、ただ愛を持って男性に寄り添うことです。

注意点としては、女性レイも現実的に繋がりが持てる分、自分と相手の境界線が曖昧になり、自己犠牲的に尽くし過ぎてしまうことを避けなければなりません。この頃の男性レイはまだ完全に愛には目覚めておらず、時に女性レイにわがままや無理を言ったり、幼稚な発言をしたりすることがあります。

そのため女性レイは自分の心地よさ・スタンスや軸を優先して、必要であれば男性レイへの愛はそのままに、物理的に適度な距離を取ったり、突き放したりしながら彼の成長を見守ることが大切です。

二人の現実の確立

この段階にたどり着いて、ようやく二人は現実的に一緒にいられる方向へと向かっていきます。ツインレイには二人で力を合わせて成し遂げていく使命が任されていますから、自然とそのような流れに導かれていきます。

二人が現実世界でも一緒にいられるようになりますが、ここで二人がお互いの恋愛感情だけで自分たちの楽園に浸るだけといった状況は許されず、必ず社会に何らかの影響を及ぼす活動へと歩み出していくこととなります。それが二人がツインレイとして再会した意味であり、使命であるのです。

まとめ

以上がnanaが自身の経験・考察を踏まえた上でまとめた【ツインレイ 統合の流れ】です。

私自身のツインレイ体験で学んだ重要な事柄をステージ別で記載しましたが、もちろんここに記したのは、ほんの一部です。詳細に解説すると、とてもここだけでは書き切れないほど、ツインレイ統合までの道のりは課題が多く、一筋縄ではいきません。

こちらのチャートをご覧になって、なんとなくの流れを掴んでいただけたら、幸いです。

みなさまがツインとの統合へと確実に前進していけますように…

Nana

【ツインレイの真実】

全5回にわたり、無料動画を公開しています。

ブログやYouTubeでは語れない深いお話を知りたい方は、ぜひご参加ください。

1 個のコメント

  • Nanaさん✨こんにちは😊最近YouTubeでNanaさんを知り、ここに辿りつきました。私がツインレイと出会ったのは5年前。色々悩み、苦しみ、考え、散々やらかし、悪戦苦闘して今にいたります😊
    こんなに学ばされるとは、、😊
    Nanaさんのこのブログ通りの展開に思わずにやけてしまいました😊教科書通りの道を辿ってきた私、、
    数々の失敗を繰り返しながらもハートで動いてきた自分をを褒めてあげれるくらい今自分を愛しています。
    求めない、受け入れる、これこそが一番大事なことだと今なら思えます💓
    サイレント中ですが😆、やっと、俯瞰して見れる余裕が持てるようになりました⭐️ Nanaさんの言葉にとても勇気をいただき、思わずコメントさせていただきました。ありがとうございました💓

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です